売れるスタイリストになるために一番大切なことって?

約100名が集まる新人研修の最終日

「売れるスタイリストになるためのベースづくり」をテーマに実施している

好感度コミュニケーションを身につける研修

今回の研修の最後のまとめでもお伝えしたこと

売れるスタイリストになるために必要なことをひとことで言うと・・・

ずばり「第六感を鍛えましょう♪」です

第六感というとどのようなイメージがあるでしょうか

虫の知らせのように、未来に起こることを予感するようなスピリチュアルなイメージかもしれません

第六感とは、目に見えないものを感じる力

コミュニケーションにおいては、相手が口に出さなかったとしても

この方はこれが嬉しいのではないかな、イヤなんじゃないかな

ということを感じることですね

どうすれば鍛えることができるのでしょうか?

第六感を鍛えるにはまず「空気をよむこと」

「空気読んで!」とは言われるけど、どうすれば良いのかは教えてもらえないことが多いのではないでしょうか?

空気を読まない人の特徴をあげてみると・・・

・空気が良くないことに気付かない

・人の目を見ない

・沈黙をなんとも感じない

・人まかせ

人の顔を見ないので、空気が悪くても相手がどんな様子かが分からないし

見ていないから気にならないのですね

空気が読めないと言われる人は

まずは周りの人の顔、そして目を見ることからスタートです♪

相手が笑顔だと、空気は良いでしょうし

不機嫌そうにしていれば、空気は悪い

日々出会うたくさんのお客さまと目を合わせてコミュニケーションをはかることで

空気を読んで、お客さまの気持ちを察することができるように目指していきましょう♪

タイトルとURLをコピーしました