イマドキの若者は夢がない⁈①

「イマドキの若者は冷めてるし、夢がないよね」

なんて耳にしますが、

決してそういうわけではありません

約9割の新人女子が語ってくれる夢は

『30歳までに結婚して

子供は2〜3人ぐらい👧🏻👦🏻

仕事と子育てを両立させる✨』

これを聞いて、もしかしたら

志が低いと感じる方がいるかもしれません

「将来は自分のお店を持つ!」

「500万スタイリスト!」

のような夢に比べると小さく見えるかもしれません

これってイマドキの若者が

昔よりも劣っているということなのでしょうか?

これまでの美容室は、

「同じ釜の飯を食べる」のような徒弟制の強いお店が一般的でした

勉強は苦手だから・・・と美容師を選んだ人もいたのでは?(実際に私の同級生でもいました)

今の美容室は、

企業化しているお店が多く、たくさんの経営者のもと業界が発展してきた結果

働く環境が整備されてきています

一般的に見てみると

先生と弟子、職人の世界のように見て学び、1人前になるまで休み返上で修行する

というイメージから

会社で教育をうけて、教えてもらいながら美容師を目指す

というイメージに、時代と共に変化しているのではないでしょうか?

昔と今とでは、

修行して美容師を目指す人

教えてもらって美容師を目指す人

美容師になりたい層が変わってきているのです

決して、今の若者に根性がない・弱い からではないのですよね

つづく

タイトルとURLをコピーしました